【絶対に納得!】(To what extent~)で迷わない文章の作り方

 

この記事は、2018年11月頃に書いたものをリライトしたものです

 

 

こんにちは、IELTS侍です。

 

 本記事のテーマ

【絶対に納得!】(To what extent~)で迷わない文章の作り方

 

 強気のタイトルを設定しました。

私はIELTSの特化サイトを運営しています。自信を持って発信すべく、task2に関する研究を数か月続けてきました。

 

「IELTSセンターで指導を受けた内容」を基礎に「ネット上の有名なIELTSの先生方の理論」なども検討するなかで導きだした情報を提供したいと思います。

 

 まずは、日本語で書いてみましょう!

IETLSのライティング(task2)は、250字以上で解答する小論文です。テーマは、教育・環境・税金・言語・公共など様々です。

 

英語で解答しようにも、「そもそも日本語でも解答するのが難しい…」と感じる方もいるはずです。そんな方々に向けて、まずは日本で解答する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

問題と解答テクニック

 

それでは、実際に出題された問題で考えていきましょう。

問題
多くの街において、政府は古い建築物を修理することにお金を費やすべきである。これは、新しい家や道を建設することよりも有益である。あなたは、どの程度(To what extent)同意又は反対か?

 

 ”トピック”と”意見”を探す

”トピック”とは、質問の主題です。今回は「政府の費やすお金」です。基本的に質問文の一文目が該当します。

 

”意見”とは、出題者が提示した考えです。今回は「新しい家や道より古い建物を保存するためにお金を使うことが有益」という言葉が出題者の主張になります。

基本的に質問文の二文目が”意見”に該当します。

 

 To what extent~ は「程度」を必ず答える!

日本語訳は「どの程度」です。つまり、「完全に」や「ある程度」など書かなくてはいけません。これらの言葉がなければ、評価の1つであるタスクアチーブメントは、5以下です(IELTS試験官の言葉)。

 

 ”意見”について論じていく!

イントロは次の2文です。まず、「新しい家や道より古い建物を保存するためにお金を使うことが有益という意見がある」と書きます。書きやすいように「完全に賛成(or反対)です」と答えましょう。

 

次の段落(ボディ1)では、『新しい家や道を作るのにお金を使うべきでない理由』を書きます。これに対応し、ボディ2では、『古い建物を保存するためにお金を使う方が良い理由』を書きましょう。

 

メモのテンプレート

 

まずは、今回の問題の解答にあたり作成したものを掲載します。

ここで紹介したように、解答用紙のスペースに『トピック・意見・ボディ1・ボディ2』と書いてみて下さい。

 

 

 ”意見”とは出題者の主張!

上記のメモは不完全です!なぜならば、「新しい道or家にお金を費やすことが有益」というポイントが書かれていないからです(大切なのでわざと足りない状態にしました)。

この後モデルアンサーを紹介します。その際は、もう一度質問をよく読んでみて下さい。

 

 メモは日本で書いても良い!

どちらが良いかは分かりません。ただ、私は論理的に考えるときは日本語で考えた方が良いと思うので、日本で書きます。また、途中で使えそうな英単語が浮かんだらメモします。

 

 メモに5分費やしても大丈夫!

是非、このメモと同じ形式で書いてみて下さい。また、ボディ1とボディ2の①~③をそれぞれ対比させて書くと良いでしょう。

 

この作業に5分かけても、あとは英語で書くだけです。アイディアがきちんと固まっていれば、途中で「何を書けば良いの?何を書いているの自分?」という現象を防げるでしょう。

 

モデルアンサー(日本語)

問題
多くの街において、政府は古い建築物を修理することにお金を費やすべきである。これは、新しい家や道を建設することよりも有益である。あなたは、どの程度(To what extent)同意又は反対か?

 

 モデルアンサー(日本語)

政府は新たに家や道路を建築することよりも、古い建物を保存するためにお金を使うべきだという意見がある。私は、古いものを守ることにお金を費やすことが有益であるという意見に完全に賛成であり、新しいものをつくることは無駄だと考える。

 

政府が新しい家や道を作るべきでない理由はいくつかある。一つ目は、新しい家を建てるためには、現存する家を壊す必要があるため費用が高いとからである。二つ目は、これ以上建物を増やすと過剰供給の状況になってしまうからである。たとえば、都市部にはすでにマンションが立ち並び、高速道路を沢山作られている点が挙げられる。最後に、新しい建物を作ることで、その国の文化的な建造物が失われることを意味している。

 

私は、政府は現存する古い建物を保存するためにお金を使うべきだと思うし、それが国にとって有益だと思っている。建物や道路を部分的に修復するだけならば、費用は安く抑えることができる。さらに、多くの都市で、家や道路はすでに十分整備されているため、これ以上増やす意味はない。もし、政府が現存する建物を保存するためにお金を費やせば、歴史的な建造物を守ることになる。これらは、芸術でありこれからも守り続けることに文化的な価値があるといえる。

 

以上のことから、私の意見としては、政府は古い建物を保存するためにお金を使うべきであり、新しい家や道路を建築することは間違っているというものである。

 

 

 イントロがとても大切!

もう一度イントロを読んでみて下さい。最初の一文目は、出題者の主張です。それを受けて、二行目であなたの主張を書きましょう。この流れが基本になります。

 

 

以上です。

今回は、「絶対に納得!」という強気なキャッチフレーズをつけてしまいました…。1人でも多くの受験生の方が「なるほど!」と思って頂けたら嬉しいです。

 

 

そして、日本語が書けるようになったら英語で書き、その文章を【公式】DMM英会話の先生にチェックしてもらいましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事