【IELTS 対策】1日10分でもOK!リスニング力もUPできる英単語の勉強方法
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、(元家庭科教員)IELTS侍です。

 

IELTS受験者or留学希望者の皆様。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

留学に際し、IELTSやTOEFLの受験は必須ですが、なかなか覚えるのが大変ですよね?

IELTSやTOEFLの英単語は難しい…

分かります…。覚えるのはとても大変ですよね…。

 

そこで今回は、単語をただ覚える方法ではなく…

『リスニング力』もUPできる英単語の勉強方法

をご紹介したいと思います。

 

用意するもの

①.単語帳

私は、IELTSを専門に記事を書いているので、今回はIELTSの単語帳を紹介させて頂きます。

【音声ダウンロード付】実践IELTS英単語3500

新品価格
¥2,700から
(2019/3/30 09:47時点)

IELTSの単語帳は、あまり種類がありません。私はこの単語帳を使用しました。

 

②.パソコン

本を購入すると、音声ダウンロードに必要なパスワードが記載されています。

説明に従い、ホームページからダウンロードするだけです。

 

『リスニング力』もUPできる勉強法

 

タイトルにも書きましたが、今回皆様にお伝えしたいのは、『リーディング』に必要な単語力だけでなく、『リスニング』に必要な単語力もUPするための勉強方法です。

 

単語帳を試し読みしたい方は、こちら(旺文社のホームページ)を参照して下さい。

本屋さんに実際に足を運び、自分にあった単語帳が見つけましょう!

 

①.単語帳を見ずに音声を聞く(3分)

まず、自分が勉強したいページを選択し、単語や意味を見ずに『リスニング』だけします

この本の音声は、1ページ(20個)に書かれた単語&例文を3分ほどに収録したデータです。

 

大切なポイント!
例文の意味を理解しようと思いながら、集中して聞きましょう(1回目)!

 

②.1つ目の単語

音声を最初に戻し、1つ目の単語と例文の音声を聞きます2回目)。

文章の意味が分からなかったら、単語の意味だけ確認して、もう一度聞いてみましょう(3回目)。

 

文章の意味が理解できたら、今後は音声の後を追って自分も口に出して話してみましょう4回目)。

そして、単語帳に書かれた例文と自分が予想した内容が一致するか確認し、最後にもう一度音声を聞いてみます(5回目)。

そんなに何度も聞かないとダメ?

知っている単語や簡単な例文は、数回で良いと思います。
でも、聞き取れない例文を何度も聞くことは、絶対に力になるでしょう!

 

③.2つ目⇒3つ目…の単語に挑戦

②の作業を繰り返します。1ページにかかる時間は、10分~15分でしょう。

次の画像は、パソコンで音声データを聞く時に、簡単に8秒バック出来る方法を解説しています。

 

私のパソコンの場合、キーボードの左をクリックで8秒バックです。

 

ポイントの整理

 

この方法を用いることで、単語&例文をリスニングをして、『どんな単語なのか?』を『どんな文章なのか?』を理解or予想する力が身に付きます。

 

単語を覚えることが第一に目標でなく、例文のリスニング練習をしていったら自然と新出単語も覚えていた!という感覚かもしれません。

 

ドラマや映画との違い

『リスニング力』の向上のために、ドラマや映画を観ることは有効な手段だと思います。しかし、聞き取れないシーンがあっても流してしまいがちではないですか?

 

受け身で聞き流すだけでは、IELTSなどの英語の試験のスコアアップには繋がりにくいというのが私の見解です。

 

ただし、『Netflixを英語教材にして、分からない英語を10秒バックで聞き直す』ことは、生活における会話表現を学ぶのに適しているでしょう。

別に映画やドラマでも良いんだね!?

答えはYESです。
しかし、IELTSの単語帳は日本語訳も記載され、IELTSの試験に特化した単語が学べるというメリットがあることは伝えさせて下さい。

 

さいごに

 

いかかでしょうか?単語をただ覚えるだけでなく、『リスニング力』まで身に付けることが出来る勉強方法についてご紹介しました。

 

ただし、この勉強法は時間がかかるので、1日10分、最低20個(1ページ)だけでも頑張るところから初めてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んで読んで頂き、ありがとうございました。IELTSに関する最新情報は、IELTS侍トップページをご確認下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事