【IELTSセンターで入手】task2の問題形式を全パターン紹介&解答方法のコツ
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、(元家庭科教員)ILETS侍です。

 

今回は、私がIELTSセンターで勉強した際に入手した資料をご紹介します。それは、ライティングのパート2の出題形式に関するものです。

 

頂いた資料の画像をアップしたいのですが、権利の関係で載せない方が良いと思ったので、変わりに私の言葉で説明します。

 

task2の問題は3種類!

IELTSセンターで勉強した際に頂いた資料をもとに、加筆して紹介します。

 

彼らは大きく3つの種類で分類していました。分類方法は、『どのように解答していくのか』という見方を採用しているようです。

 

①.Opinion essay (Agree / Disagree)

● what is your opinion?

● Do you agree or disagree?

● To what extent do you agree or disagree?

● Is it a positive or negative development?

● Do the advantages outweigh the disadvantages?

 

基本的には、一方の立場で論じて書きます。「どちらとも言えないです。それぞれに良さがあるから…」と書いても良いのですが、質問内容によっては必ずどちらかの立場で論じた方が良いものもあるので注意して下さい。

 

受験者が間違いやすいこと! ※注意

 

注意したいこと
● Do you agree or disagree?
⇒I agree with the idea that...
● To what extent do you agree or disagree?
⇒I totally agree with the idea that...

 

何が違うかお分かりでしょうか?「To what extent...」と聞かれたにも関わらず、どの程度賛成or反対なのかを書かなかった場合、4つの観点からなる評価のうち『task achievement』は、絶対に5以上にはならないとIELTS試験官の先生が言っていました。

 

この出題タイプに関して、以前解説した記事がありますので紹介させて頂きます。

 

 

②.Discussion essay (Discuss both views)

● Discuss both views

● Discuss the advantages and disadvantages

● What are the benefits and drawbacks?

 

書き出しの一例として紹介しますが、「People have different view about weather...」のようになることが多いかもしなれないです。なぜならば、『●●と△△』という2意見が対比する形で質問される頻度が多いためです。

 

また、ボディにおいて、必ず2つの意見について取り上げて書かなくてはいけません。そして、書き進める前に「and give your own opinion」という言葉が追加されているかどうか確認しましょう。この言葉がある(orない)で、さらに細かく解答方法を細かく分類出来きます。

 

(1).あなたの意見 【なし】

 

一般論 問題
最近、多くの子どもたちが、携帯電話を所有している。
Discuss the advantages and disadvantages.

 

「私の意見は、○○です。」と書いた場合、タスクアチーブメントの評価は5以下になってしまうと思うので注意して下さい。

 

この例題は、『イントロ→ボディ1→ボディ2→まとめ』の順に書きます。ボディ1で子どもが携帯を持つことの良さを書き、ボディ2では反対に携帯を持つことの悪い点を書きます。

 

この問題に限って言えば、どの時期の話をしているのか、時制を意識すると良いかと思われます。例えばですが、「かつては、携帯は電話やメール機能のみだった。」「現在は、インターネット検索やSNSも流行っている。」「これから、○○のような問題が起こるだろう。」など、書いてみてはいかがでしょうか?

 

各ボディの最後に、「よって、携帯電話は良い。」と「これらの理由から、携帯電話は悪影響を及ぼす。」といった言葉を書く書き方もあります。この論じ方のメリットは、論点を抑え直すことが出来るということです。

 

もう少し具体的に説明しますと、ボディ1で「携帯電話は人々に利便性をもたらした。1つ目は○○である。また、2つ目は△△である。よって、携帯電話は良い。」といった構造で書いてみる方法です。

 

これは、IELTSの先生に教わったとかではないのですが、良いと思われた方や沢山(早く)解答出来る方は試してみてはいかがでしょうか?

 

(2).あなたの意見 【あり】

 

一般論+意見
最近、多くの子どもたちが、携帯電話を所有している。
Discuss the advantages and disadvantages and give your own opinion.

 

4段落で書く場合

 

4段落で解答する場合は、3段落目にあたるボディ2で意見を交えながら解答しましょう。もしも、携帯を所有することに害があるという立場で述べるのであれば、次のようになるでしょう。

 

第1段落:イントロ

第2段落(ボディ1):携帯電話のメリット

第3段落(ボディ2):自分は反対派+携帯電話のデメリット

第4段落:まとめ

 

ボディ1(2段落目)では、携帯電話を所有するメリットだけを書いていく。その後、ボディ2(3段落目)では、『自分は携帯電話に害があると思っている』と前置きをしてから、携帯電話を所有するデメリットを論じます。その途中で、『こういった理由から私は、携帯電話って良くないと思う』みたい言葉を混ぜて置きます

 

 

~ボディ2(第3段落)の書き出し~

「I believe that the mobile phones are detrimental to our lifestyle.」

 

~ボディ2(第3段落)の途中~

「(学校での取り組みを論じた後)This is the attitude that I believe schools should foster in young people.」

 

 

5段落で書く場合

 

第1段落:イントロ

第2段落(ボディ1):携帯電話のメリット

第3段落(ボディ2):携帯電話のデメリット

第4段落(ボディ3):携帯電話にはデメリットがあると思う理由

第5段落:まとめ

 

 

③.Problem / Solution essay (2 Questions)

●What are the reasons/problems and what are the solusions?

●What are the causes and what are the effects?

 

2つのボディで、それぞれについて書きます。文章構成は、基本的な形で書けば良いと思います。

 

第1段落:イントロ

第2段落(ボディ1):問題点

第3段落(ボディ2):解決策

第4段落:まとめ

 

このタイプはあまり出題されないですが、とても書きやすい出題タイプではないでしょうか?問題点と解決策を書けば良いと分かっているからです。

 

ネタは決まっている!?
IELTSの指導官の先生が教えてくれました。
③のタイプでは、『政府・教育』を問題点として挙げ、それに対する解決策を書くことで、論がまとまりやすいそうです。

 

イントロの書き出し

次に書くことは、完全に私の見解になりますがご紹介します。③のProblem/solutionタイプでは『こんな現状がある。問題は何で、解決策は何なのか?』と聞かれています。

 

先ほど、②のDiscussタイプでは、「People have different view about weather...」のように書き出すと良いと書きました。IELTSの試験においては、③の出題タイプのように問題点と解決策を論じていく文書に「People have different view about weather...」はマッチしないと思います。

 

そこで1文目は、「It is true that...」のように書き出すことは有効だと思います。「...」の過少は、問題で言及される世の中の現状を書きます。この時、質問文をそのまま丸写しないで下さい。

 

インターネット上にあるモデルアンサーでも、日本語に直して考えてみると『あれ?』ということがあるので、是非お気をつけて下さい。

 

 

さいごに

いかかでしょうか?IELTS-Writing-task2の出題タイプが、3つであるということを理解して頂けたでしょうか?

 

残念ながら、私は英語の指導は出来ません。ご自身で挑戦して書いたエッセイを【公式】DMMオンライン英会話の先生に添削してもらいましょう。その時『自分が考えた英文と同じ意味だけど違う英語表現』を先生方から学ぶと覚えやすく、また今後も使いやすくなるのではないでしょうか。

 

最後に、IELTS試験官の先生に何度も言われた言葉をご紹介します

 

IELTS試験官のお言葉
最初のイントロは、とても大事だよ。質問に対して答えようとしているのか判断する個所だからね。正しい方向性で書けていないと、(4つある評価項目の1つである)タスクアチーブメントが5以下になるから気を付けるんだよ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。私は、IELTSの学習サイトを運営しています。最新情報は、以下のリンクよりご確認下さい。

 

IELTS侍トップページ

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事