【 IELTS試験官のテクニック公開 】Readingでは、まず各段落の「1行目」を読もう!
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、(元家庭科教員)IELTS侍です。

 

皆さんは、どのようにリーディングの英文を読んでいますか?

単語力があって速読出来る人は気にしないかもしれませんが、誰しも最初は「時間が足りない…」という経験をするはずです。

 

今回は、各段落の「1行目」を読んで内容理解する解答テクニックをご紹介します。

 

どうやったらReadingで高得点をゲット?

 

当たり前のことですが、出題される単語を全て知っていれば高得点を狙えるでしょう。

しかし、これは無謀だと言われています。なぜならが、分からない専門用語は必ずと言って良いほど出てくるからです。

 

でも安心して下さい。専門単語を知らなくても高得点を狙えます。

ただし、可能な限り知っている単語を増やすために単語帳を使った学習は必須でしょう。

 

 

Readingの文章に隠された秘密

 

IELTSのReadingで用いられる英文は、8つほどの段落から成ります。

 

タイトルに書いたように『各段落の1行目だけを読めば、その段落の大まかな内容が分かる』と言われています。

その根拠となるものを3つ、お話したいと思います。

 

① IELTS試験官の先生がアドバイスしたから

証拠がなくてすいません。

ですが、私がIELTSセンターにて学んだ際にIELTSの先生に教えて頂きました。

 

各段落の最初と最後を読む方法もありますが、最初の1行だけ読んでも分かる英文が出題されることが多いと言っていました。

 

② IELTSオンラインコースも同じ主張

カナダでIELTSを扱っているGlobal Villageという組織があります。

日本でいう、日本英語検定協会だと思います。

 

こちらの有料コースは、4セクションすべてをある一定の期間内勉強できるプログラムです。

そのReadingセクションでも、同様のアドバイス(各段落の1行目を読む方法)をしていました。

 

有料コースですので、これも証拠をお見せ出来なくてすいません。

 

③ ケンブリッジ大学出版

ここでようやく、証拠?をお見せすることが出来ます!

私が今回ご紹介する方法は、公式な見解として示されています。

 

画像に注目して下さい。

このように、ケンブリッジ大学出版さんがtwitterでも発言しています。

 

Reading 解答時間の使い方

 

IELTSのReadingの問題は、3つの問題を各20分ほど使って解答します。

英文を読む前に、まず問題チェックを3分以内に行いましょう

 

次に貴重な1分~2分ですが、今回紹介した方法を試してみましょう

この時点ですでにMaxで5分経過することになりますが、内容の理解度が高まり、結果的に解答の速度が上がる可能性があります

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

IELTSのリーディングの読み方のテクニックを知ることは出来ましたか?

 

今回紹介した方法が全員に当てはまることはないですが、気に入った方は是非実践して下さい!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報は、IELTS侍トップページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事