IELTS公式モデルアンサー【task1 折れ線グラフ】+解答を分析してみた

 

こんにちは、IELTS侍です。

 

 本記事のテーマ

IELTS公式モデルアンサー【task1 折れ線グラフ】+解答を分析してみた

 

 記事の信頼度

「公式モデルアンサー?どこで?本当に?」といった質問は無しでお願いします。それをいったら公開出来ません…。

 

また、そのまま公開するのは良くないと思ったので、私が多少編集したものを掲載しますので、ご理解ください。ただし、この公式モデルアンサーも完璧ではないようです。

 

私が指導を受けたIELTS試験官の先生も「これがモデルアンサー?ちょっとおかしな点が…。これらの文章は外部発注だから私たちはノータッチだった。今度確認してみる!」と言ってました。

 

ということで、モデルアンサーを掲載後、はたしのその文章が適切か批判的(=本当に合ってるかな)に分析していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

モデルアンサー(棒グラフ)

 質問+資料

The line graph below indicates the number of fossil remains found at an archaeological site between 1986 and 1992. Summaries the information by selecting and reporting the main features of the information in the graph, and make comparisons where relevant.

 

 

 公式モデルアンサー

The line graph indicates how many fossil remains were found by archaeologists at a certain site between 1986 and 1992. 

 

Sixteen mandibles were found in 1986. This number increased significantly to 31 in 1988 and then to 32 in 1990, before declining sharply to 16 again in 1992. The number of tusks that were found fell sharply from 37 in 1986 to 24 in 1988, before rising very slightly to 25 in 1990 and declining a little to 22 in 1992. Eleven skulls were discovered in 1986. This number rose to 14 in 1988, reached 18 in 1990, and then declined sharply to 7 in 1992. The number of scapulae found at the site rose significantly from 6 in 1986 to 19 in 1988, before falling to 9 in 1990. The same number were found in 1992.

 

Overall, tusks were the most numerous fossil remains discovered, while scapulae were the least common.

 

批判的に(本当かなと疑って)分析してみる

 全体像(overall...)が最後?

結論から言うと、この書き方でもOKです。

 

このモデルアンサーは、文頭のイントロにおいて、質問の言い換えのみ記述し、ボディへ移りました。そして、最後に全体像を書くスタイルです。

 

ただし、IELTS試験官の先生は「正直、イントロで質問の言い換え全体像を書いてくれた方が読みやすい」と言っていました。また、task1では、まとめは不要です。

 

 全体像(overall...)の内容が間違っている!

このモデルアンサーのように書いては、高得点は狙えません。Overall...から始まる文章は、いわゆる「データからパッと読み取れる傾向を書く」必要があります。

 

このモデルアンサーは、「○○が一番多くて、△△が一番少ない」と言っています。これは、あまり適切だとは言えません。

 

折れ線グラフは、時系列で占められているため、『最初の年に比べて、現在は増加or減少しているのか』を言うべきだと、IELTS試験官の先生から教わりました。

 

 イントロで「●●年から○○年まで」と書く時に加点を狙う

通常、「from ~ to ~.」または「between ~ and ~.」と書くでしょう。

 

しかし、英語のテストなので「自分がどれだけ英語を知っているのかアピール」する必要があります。

 

そこで、「a period of 6 years from...」のようにちょっとだけ肉付けするだけでもIELTS試験官の先生にプラスの印象を与えることが出来るみたいです。

 

公式モデルアンサーに加筆してみた

 

The line graph shows how many fossil remains were found by archaeologists at a certain site a period of 6 years from 1986 to 1992. Overall, the number of tusks and skulls discovered decreased, while mandibles and scapulae increased the amount that were found as a whole.

 

Tusks remained ahead of the other materials in the beginning and the end of the year. The number of tusks that were found fell sharply from 37 in 1986 to 24 in 1988, before rising very slightly to 25 in 1990 and declining a little to 22 in 1992. Sixteen mandibles were found in 1986. This number increased significantly to 31 in 1988 and then to 32 in 1990, before declining sharply to 16 again in 1992. Eleven skulls were discovered sharply in 1986. This number rose to 14 in 1988, it reached 18 in 1990, and then declined sharply to 7 in 1992. The number of scapulae found at the site rose significantly from 6 in 1986 to 19 in 1988, before falling to 9 in 1990. The same numbers were found in 1992.

 

 補足説明

・全体像(Overall...)をイントロ持って行きました。

・ボディの最初により、全体像で言い切れなかった説明を書きました。

 

 

以上になります。

本記事を参考に、モデルアンサーを批判的に(=本当かなという視点)みれる能力を見つけられると良いですね。

 

そして、他のモデルアンサーを見る時には是非参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事