IELTS13 reading test4 passage2【公式問題集の解説】
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、(元家庭科教員)IELTS侍です。

IELS13(公式問題集)の解説です。本を購入された方、是非読んでみて下さい。

 

Cambridge IELTS 13 Academic Student's Book with Answers: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)

新品価格
¥2,793から
(2019/8/26 21:48時点)

IETLS13 Reading test4 passage2

 

質問のチェック 0分~3分

IELTSのリーディングでは、最初に質問を読みましょう

①~⑤の順番で問題のタイプ及び英文のどこに解答が書かれているのかの確認をします。

 

①.タイトルを読みます。

 

②.問題形式を確認します。

今回は、『単語抜きだし』『内容一致』『段落探し』の3パターンです。

 

③.『単語抜きだし

【14】~【17】の質問を見てみましょう。

単語をOne Word Only(一文字のみ)で解答する問題です。

 

このタイプの問題は、小タイトルが書かれています。

なぜ土壌汚染が人間にとって災害になるのか

 

【14】~【17】の解答用の文章に、数字や目立つ単語がないか探しましょう。今回はヒントが少ないです

 

その場合は、どんなストーリーなのか概要を把握すると良いでしょう。

【14】が含まれている最初の文章が、「健康な土は…」と始まっています。

 

一応、長い単語microorganisms」など丸つけておきます。

 

④.『内容一致

【18】~【21】の後に続く文章を、選択肢(A~F)から選ぶ問題です。

 

この問題で確認したいのは、順番です!

 

高得点への近道
パターンA:【18】⇒【19】⇒【20】⇒【21】
パターンB:【20】⇒【19】⇒【21】⇒【19】今回は、パターンAです。
つまり、英文から探す時は順番通りとなります。

 

きちんと理由があります

 

【19】:「ハーバー・ボッシ」や、【20】:「ピウス・フローリス」という目立つ単語がヒントです。「ハーバー・ボッシ」はD段落、「ピウス・フローリス」はE段落にありました。

 

このことから、パターンAだといえるでしょう!

 

⑤.『段落探し

【22】~【26】は、A~Gの段落のどれかに当てはまります。目立つ単語に丸を付けておきましょう。

 

丸付けの一例
【22】: プロジェクト
【23】: 農場が発展する前
【24】: 情報収集
【25】: 近い将来
【26】: 困難さ

 

☆目標所要時間は、3分です。

 

解いてみよう! 3分~23分

単語力が豊富だったり、IELTSに慣れている場合は、英文は最初から目を通していけば良いでしょう

しかし、そうでないIELTS初心者の方には難しいかもしれません

 

20分で解き終わらない!」「テクニック以前に難しい!」と思う方はこちらを参照して下さい。

 

特に、Passage2(大問2)では、『段落一致』問題が頻繁に出題されます

問題や自分の実力に応じて試してみて下さい!

A段落から読み解いてみると…

読み始める前に、【14】をチェックしておきましょう。おそらく、A段落から読み進めた場合、最初に解答する問題は【14】だからです。

 

はじめにご紹介しましたが、【14】の解答は「健康な土」に関することです。

そのキーワードを頭に入れながら、「健康な土」に関する言葉が出るまで速読します

 

◎A段落(速読)

UNのレポートに関する報告が書かれています。

健康な土」については、まだ記述がありません。

 

◎B段落(速読)

4行目に「健康な土」という言葉が登場するので、【14】の解答はおそらくココでしょう。

さらに解答テクニックについてお話すると、【14】~【16】は同じ段落で、【17】のみ違う段落になっています。

 

この場合、【17】はB段落でなく、C段落に書かれている可能性があります(絶対ではないと思いますが…)。

 

【14】の解答の探し方
【14】に入る言葉が、動詞or名詞か分かりますか?
「plant remains」を見ると「主語+述語」かと勘違いしてしまうかもしれません。
その前の文章を読みと、「他の微生物」や「plant remains」、「14」と書かれています。
つまり、【14】には名詞が入ります。
【15】は直前の「storing」に注目します。また、【16】は「it holds 【16】」と書かれているので、「it」が何かを意識しましょう。

◎C段落(精読

【17】と【18】の解答が該当することが予想されます。C段落を読む前に、もう一度問題を確認したいですね。

 

◎D段落(速読)

事前の3分チェックで【19】は、この段落が該当することが分かっています。

 

◎E段落(速読)

先ほどと同様に、事前の3分チェックで【20】は、この段落が該当することが分かっています。

 

◎F段落(速読)

【21】は、「ゼロネット」という言葉がキーワードのようです。

この段落に登場するか分かりませんが、F段落G段落に登場するはずです。

 

◎G段落(速読)

【21】の「ゼロネット」という言葉はこの段落に書かれていましたね。

ここまで、基本的に早く読み(速読)し、問題に該当する個所だけ読み返すという解き方になるでしょう。

 

あとは、残りの【22】~【26】を解答したら終わりです

 

さいごに

いかかでしょうか?今回は、IELTS13 Reading test4 Passage2の解説をしました。

 

次に紹介するのは、リスニング力も鍛えられる単語力UPの勉強方法です。もし、よろしければご覧下さい。

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

お役に立てたら嬉しいです。

 

最新情報は、IELTS侍トップページを参照して下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事