【公式問題集の解説】IELTS13-Reading-test2-passage3
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、(元家庭科教員)IELTS侍です。

IELTS13(公式問題集)の解説です。本を購入された方、是非読んでみて下さい。

 

Cambridge IELTS 13 Academic Student's Book with Answers: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)

新品価格
¥2,793から
(2019/8/26 21:48時点)

IETLS13 Reading task2 passage3

 

質問のチェック 0分~3分

IELTSのリーディングでは、最初に質問を読みましょう

 

以下に著すように、①~⑤の順番で問題のタイプ及び英文のどこに解答が書かれているのかの確認をします。

 

 

①.タイトルを読みます。

 

②.問題形式を確認します。

今回は、『内容一致(4択)』『内容一致(複数リスト)』『内容一致(複数)』の3パターンです。

 

③.『内容一致(4択)

【27】~【31】の質問を見てみましょう。最初の問題は、「第1段落から選びなさい」と、書かれています。

 

【28】~【31】は、段落ではなくキーワードコーチ・テスコ・ナイキ・ME2)が書かれています。英文をパットみて、キーワード探しをします。

 

【28】:第3段落(コーチ

【29】:第4段落(テスコ

【30】:第5段落(ナイキ

【31】:第6段落(ME2

 

④.『内容一致(複数リスト)

【32】~【37】の文章に合致する会社を、A~Dの中から選択する問題です。

 

直前の問題で、コーチやテスコがどの段落に書いてあるのか確認済みなので、「27~31と並行して解こう!」と、判断出来ればOKです。

 

⑤.内容一致(複数)

【38】~【40】も選択問題ですね。パッと見たところ、目立つ単語や数字もないです。

 

しかし、これまでの問題が、6段落目(全部で8段落)までを対象にしていることは把握しています。

そうなると、「恐らく7or8段落に書かれているだろう!」と予想が出来ます。

 

英語に自身がある方は、確認作業を進めます。

しかし、解くの苦手という方は、ここでの作業を打ち切って問題を解く作業に移りましょう!

 

☆目標所要時間は、3分です。

 

解いてみよう! 3分~20分

私は、英文すべてに目を通すことをオススメします。

 

段落の最初と最後を読んで、段落の言いたいポイントを把握して、残りの文章を読む方法』もありますが、私は出来ませんでした。

 

事前に問題の種類を把握し、どの問題がどの段落に書かれているか把握することで、『スキムリーディング(速読)』又は『インテンシブリーディング(精読)』すべきなのか、段落or読む個所によって変えます

 

自分に合う、リーディングのスキルを身に付けましょう!

 

第1段落から読みます

◎第1段落(速読)

【27】の問題が該当します。先に【27】の選択肢を読んではいけません。4つの内、間違えが3つもあるからです。

 

◎第2段落(速読)

事前の問題確認の際、唯一該当なしの段落でした。この場合「【27】の補足をしている」or【38】に該当する個所」と、予想出来るのではないでしょうか?

 

◎第3段落(速読)

基本的には全段落、”速読”しなければならないです!笑

 

さて、まずは【28】で何を聞いていたのか、もう一度問題文を読み直しましょう

第3段落を読む時のポイントが、「コーチの良い」or「コーチが心配していたこと」or「コーチが出来ないこと」なのか分からず読んでしまっては、時間ロスになります。

 

改めて【28】の質問を読んでみると「コーチが心配していたことは…。」について解答すべきだと分かります。

そうすれば、この質問を頭に入れたまま第3段落を読み進めることが出来、根拠の個所が探しやすくなります

 

忘れてはいけないのが【32】~【37】の問題です。
同時並行で解いていきましょう

◎第4段落(速読)

第3段落で実践した方法と同じです。【29】の質問文を必ず読んでから、第4段落を読みましょう。

 

◎第5・6段落(速読)

【30】と【31】の質問文を読んでから、各段落を読みましょう。

 

確認!
この段落を読み終えた段階で、【32】~【37】の問題も解き終わるはずです!

 

◎第7段落(精読)

【38】~【40】の解答の根拠は、この段落に書かれています。ここで、解答が完了すれば最後の第8段落を読まなくて済みます。

 

さいごに

passage3の問題において、比較的出題されるのが【27】~【31】の問題ではないでしょうか?本番で順番通りに解いていると、ついここに時間をかけてしまいます

 

すると、最後の【38】~【40】の問題が神頼みになってしまうことも…。

時間をかけて解けば分かりますが、最後の問題は難問ではありません

 

40問の内、1問でも正解を増やしたいならば、分からない問題を捨てて次の問題にいく勇気も必要ではないでしょうか?

 

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

お役に立てたら嬉しいです。

 

最新情報は、IELTS侍トップページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事