IELTS公式モデルアンサー【task1 棒グラフ】増減表現はNG!

 

こんにちは、IELTS侍です。

 

 本記事のテーマ

IELTS公式モデルアンサー【task1 棒グラフ】増減表現はNG!

 

 文章表現に注意:「増減」は使用禁止!

ご存知の方もいるかと思いますが解説します。棒グラフでは、他のデータと比較して「多くなった・少なくなった」という解答は出来ません。

 

今回の公式モデルアンサーは、とても読みやすい書き方をしている印象を受けるので楽しみにしていて下さい!

 

それでは、まず公式モデルアンサーを掲載し、その後私が加筆&修正した解答を紹介います。

 

スポンサーリンク

モデルアンサー(棒グラフ)

 

 質問+資料

The graph below shows the percentage of students who agree or disagree with certain questions about their preferences for online study. Summarize the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons where relevant.

 

 

 公式モデルアンサー

The bar chart illustrates students’ preferences with regard to online study.

The highest preference (60%) is for access online when it is necessary; only a tiny percentage, about 5%, disagree with this. Half the students prefer to have a tutorial before starting class, whereas around 15% disagree with the idea. There is also a significant difference between those whose preference is for one-on-one and face-to-face learning: around 45% compared to 10% respectively.

Results for whether online support is easy to find and easy to use are very similar. Between 30 and 33% agree with these questions while 10% disagree. Approximately 25% of students prefer to work things out when they are stuck whereas 10% do not like to do this. There was only a 10% difference between those who do or do not prefer online support: 20% of respondents agree while 30% disagree.

Overall, most respondents value contact with a teacher either via a tutorial or a face-to-face session, although there is a clear preference for having online access when they need it.

 

批判的に(本当かなと疑って)分析してみる

 

 全体像(overall...)が最後?

この書き方でもOKです。しかし、最初のイントロで書く方法をオススメします。

 

 全体像(overall...)がおしい!?

»表のモデルアンサーに引き続き、おしいなと思う点を発見しました。それは、具体的に記述しすぎている点にあります。

 

全体像(overall...)では、棒グラフの全体の傾向などを言う必要があります。今回の公式モデルアンサーは、「数個の質問内容に関してのみ」について言及していました。

 

 イントロの重要性

IELTS試験官の先生に指導を受けた時の話をします。IELTSの試験官の先生方は、ライティング(task1)を採点する時、文章を2回読むそうです。

1回目:段落構成、データの有無
2回目:スペル&グラマーの確認

 

IELTS採点者が1回目に読んだ時に「イントロが分かりにくい…」という印象を与えるのはマイナスの要素となります。また、先に述べたように「Overall...」で何を言うのかも重要です。

 

公式モデルアンサーを修正してみた

 

The bar chart illustrates through the study of these seven questions the students’ preferences with regard to online study. Overall, most respondents agreed these questions than disagreed, except only one question about online support.

The highest preference (70%) is for access online when it is necessary, however, only a tiny percentage, about 5%, disagree with this. Half the students prefer to have a tutorial before starting class, whereas around 15% disagree with the idea. There is also a significant difference between those whose preference is for one-on-one and face-to-face learning, around 48% compared to 11% respectively.

Results for whether online support is easy to find and easy to use are very similar. Between 30 and 35% agree with these questions while 10% disagree. Approximately 25% of students prefer to work things out when they are stuck whereas 11% do not like to do this. There was only a 10% difference between those who do or do not prefer online support, specifically, 20% of respondents agree while 30% disagree.

 

 補足説明

・最初の文章は、質問の言い換えをします。その際、「質問の数」などは入れた方が良いです。

・全体像(Overall...)で、棒グラフ全体の傾向について言及しました。

・「;」に馴染みが無かったので「 , 」で書いてみました。

 

 

以上になります。

このモデルアンサーは、9.0を保証するものではありません。

 

参考までにどうぞ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事